機能性を高める

コーティングをすることで得られる機能

窓ガラスのコーティングは、ガラスに透明な機能性塗料を塗布することで、遮熱性や断熱性などを高めることができるというものです。一般的な機能としては赤外線や紫外線などの不可視光線をカットしてくれるものです。窓ガラスコーティングを施すことで赤外線が90パーセント程度カットされ室内に入ってきた光によって室内温度の上昇を防ぐことができ、真夏には5度から10度程度の温度上昇を抑えることができ、エアコンの効き目を良くすることができます。また赤外線を99%カットすることにより家具などの日焼けを防ぐことができるメリットがあります。これらの機能で断熱性を有することで、冬場には結露の発生を抑制することが可能で、カビの発生を抑制することができます。

窓ガラスに施すためには

窓ガラスコーティングと同じ性質の機能を得るための方法はいくつかあります。ひとつは窓ガラスそのものをペアガラスやエコガラスなど高機能なものに交換してしまうということです。しかし、費用が高額であり簡単に出来るものではありません。一方で遮熱フィルムや結露防止シートなどを貼る方法もありますが、隅の方の加工が難しく粘着力の問題から長持ちしないデメリットがあります。一方でコーティングでは液状の塗料を塗布するので、窓の形に関わらず隅までコーティングすることが可能ですし、費用もそれほど掛からないメリットがあります。しかし窓ガラスコーティングを行う業者はまだ少数で依頼する場合にはインターネットなどを通じて申し込むことになります。